中央競馬:ニュース中央競馬

2014.12.29 05:07

【有馬記念】ノーザンF吉田代表「頭が下がるよ」

 第59回有馬記念(28日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億円 =出走16頭)戸崎圭太騎乗で4番人気のジェンティルドンナが、好位から力強く伸びてゴール前の接戦を制した。

 3/4馬身差とはいえ、危なげない勝ちっぷりに、オーナーブリーダーの吉田勝己ノーザンファーム代表は、余裕のガッツポーズだ。

 「こんな強い牝馬見たことがない。世界一だ。頭が下がるよ」。どこで勝利を意識したかの問いには、「あっ、エピファばかり見ていたから…」と笑いを誘った。

 「マーくん、ありがとうだよ。最も引きたかった枠に当たったからね」。枠順ドラフトの段階で、勝利を意識していたのだろう。

 一番の思い出に、吉田代表は「オルフェーヴルをはじき返して勝ったジャパンCはすごかった。まさに男勝り」と答えた。繁殖牝馬となり、初年度の花婿にはキングカメハメハ、ハービンジャーの名が挙がっているが、「悩むね」と吉田代表は笑みを浮かべた。

 引退式を終えると、その足でノーザンファーム天栄に入り、その後、生まれ故郷の北海道安平町のノーザンファームでの繁殖生活が待っている。 (水戸正晴)

★28日中山10R「有馬記念」の着順&払戻金はこちら