中央競馬:ニュース中央競馬

2014.11.19 11:50

【マイルCS】連覇へ!武豊ラー豪快2馬身先着

武豊を背に栗東坂路を駆け上がるトーセンラー。僚馬を豪快に突き放し、鞍上は絶対の自信をうかがわせた

武豊を背に栗東坂路を駆け上がるトーセンラー。僚馬を豪快に突き放し、鞍上は絶対の自信をうかがわせた【拡大】

 トーセンラーが史上6頭目の連覇に向け盤石の態勢を整えた。

 栗東坂路で武豊騎手を背に、マトリックスコードを追いかける流れ。14秒3-14秒0-13秒0と徐々にペースを上げ、ラスト1Fで気合をつけられるとスムーズな反応を見せた。あっさりマトリックスを抜き去り、2馬身先着。パワフルな身のこなしながら力みは見られず、末脚は実戦同様の歯切れの良さ。京都大賞典3着を叩かれ、思惑どおりに上向いている。

 「前半は相手を見ながら、ラストは反応を試してほしいと指示された。それほど目一杯にやらなくていいということだったし、そのとおり。体調面は1年前と同じような感触。状態の良さを感じるね」と、ユタカは満足げな表情を浮かべた。

 「今年一番の目標」と言い続け、ニホンピロウイナー(84、85年)、ダイタクヘリオス(91、92年)、タイキシャトル(97、98年)、デュランダル(03、04年)、ダイワメジャー(06、07年)に続く連覇は間近。

 「春の天皇賞2着など様々な距離をこなしているけど、昨年のこのレースがベストパフォーマンス。以前からマイルがいいかなという感触はあったが、それまでと違う走りで本当にすごく強かった。連覇のチャンスだし、きっちりと結果を出したい」。自身3連覇(12年はサダムパテックで優勝)がかかるマイルCSへ、ユタカは絶対の自信で臨む。(夕刊フジ)

★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

★大好評!評価付きの追い切り動画「調教動画 星3つ!」