中央競馬:ニュース中央競馬

2014.11.15 12:40

【2歳新馬】母はスイープT 良血レガッタ快勝

直線インから抜け出して快勝したレガッタ

直線インから抜け出して快勝したレガッタ【拡大】

 15日の京都5R2歳新馬(芝1800メートル)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気レガッタ(牡、栗東・昆貢厩舎)が直線インから抜け出して快勝した。タイムは1分51秒7(良)。

 ダノンブライトが押し出されるように先頭に立ち、その外にタイキラトナンジュが併走。その後ろはインから人気のレガッタが追走して、外にイルミリオーネ、その間にラヴィダフェリースも加わった。極端なスローペースになって、一団となったまま直線へ。瞬発力勝負の争いで、スペースのできた最内を突いたレガッタが鞍上の軽いアクションで加速すると、あっさりと差し切ってV。注目を集めた良血1億円ホースが、序盤はやや行きたがるしぐさを見せながらも完勝して好発進を決めた。1馬身1/4差の2着は、ショウナンパンドラの弟で3番人気のイルミリオーネ。良血馬のワンツーとなった。さらに1馬身1/4差の3着には、4番人気のダノンブライトが逃げ粘っている。

 レガッタは、父ディープインパクト、母スイープトウショウ、母の父エンドスウィープという血統。昨夏のセレクトセールでは1億500万円の高値で取引されていた。母は宝塚記念、秋華賞、エリザベス女王杯とGIを3勝。3代母サマンサトウショウはGIIIエプソムCの勝ち馬。

 福永騎手は「期待通りの走りでしたね。ペースは遅かったのですが、スタートが良くて、いい位置で脚をためられましたし、瞬発力にも非凡なものがありますね。このまま無事にいってくれれば」と噂にたがわぬ走りを見せた大物新馬を高く評価していた。

★15日京都5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら