中央競馬:ニュース中央競馬

2014.11.13 05:00

ハープスター、JCへ初時計!鞍上は川田が続投

 凱旋門賞6着で今月8日に帰厩した桜花賞馬ハープスター(栗・松田博、牝3)が12日、ジャパンC(30日、東京、GI、芝2400メートル)に向けて初時計をマークした。CWコースを馬なりで6ハロン90秒2-14秒1。松田博調教師は「帰厩してすぐやれるように、牧場で調整してもらった。順調にきている」と話した。なお同日、オーナーサイドにあたるキャロットクラブのホームページで、ジャパンCでも引き続き川田騎手が手綱を取ることが発表された。