中央競馬:ニュース中央競馬

2014.11.6 14:39

【本命穴馬】しの「スタミナ勝負ならカイザーよ」(1/2ページ)

しのが混戦の重賞で浮上すると目をつけたのはクリールカイザー。スタミナ勝負はおあつらえ向きと読む

しのが混戦の重賞で浮上すると目をつけたのはクリールカイザー。スタミナ勝負はおあつらえ向きと読む【拡大】

★AR共和国杯

 しの 例年人気になる京都大賞典上位組の出走はなくて、産経賞オールカマー組も掲示板はクリールカイザーだけ。いつも以上に難解だわ。

 漆山 うん、確かにまったくピンとこない…。となると、有力なのは春天3着のホッコーブレーヴだね。宝塚記念は前が詰まっての8着だから参考外。9月から乗り込まれ態勢は整ってる。

 内海 確かにけいこの動きは目立っていたし、松永康調教師も「春と遜色ない。去年とは全然違う」と自信あり。ただ、田辺は「先頭に立とうとしない馬。勝つ力はあるんですけどねえ」と微妙なニュアンスだ。

 しの でも、昨秋の東京2400メートルは田辺騎手でV。自信満々とはいかなくても、今年の戦歴を考えたら本来は負けられないところだけど。

 内海 東京の長丁場の適性ならフェイムゲーム。追い時計はいつも以上に地味だったが。

 漆山 「ジャパンCに向かうためにはいい競馬をしないと」と宗像調教師。ジリジリ伸びるタイプだから、不向きな新潟内回りの前走での0秒2差6着は評価できる。

 しの スタミナ勝負ならクリールカイザーよ。大逃げするコスモロビンを唯一追いかけた去年のステイヤーズSで5着に残っていたのには正直ビックリ。流れが緩みやすいOP特別より、各馬が色気を持つような混戦の重賞が合いそうね。

 漆山 ネオブラックダイヤの前走はインパクト大の勝利。鹿戸調教師は「24キロ増は意識的に増やしたもの。また気分良く走れれば」と、一発に期待している感じ。

 内海 スーパームーンは藤沢和調教師が、「(3走前に)吹きだまりみたいな準OPを一発で卒業したのは大したもの」だって。

 しの 吹きだまりって…。そこで負けた馬たちの立つ瀬ないじゃない。

 水谷 えーっと、ワシの◎アドマイヤケルソはその“吹きだまり”で5着やったが。

 しの 類は友を呼ぶっていうか、似た者同士っていうか…。同類になりたくないから、ほっといてみやこSにいくわ。

【続きを読む】