中央競馬:ニュース中央競馬

2014.11.6 11:16

【酔いどれブログ】上昇一番スーパームーン

「ねぎま、皮、ぼんじり、ネギ串」。一本、一本が大きい。タレはさっぱり系

「ねぎま、皮、ぼんじり、ネギ串」。一本、一本が大きい。タレはさっぱり系【拡大】

 ジェンティルドンナの単勝オッズが4・7倍。こんなに美味しい馬券はないと思ったが、外からまさかの強襲劇ではしょうがいない。でもこれでJCが面白くなった。

 11月10日は一の酉。お酉様の準備が始まった練馬の大鳥神社の真ん前にある「とりみき」へ。お酉様の前にある店だから「とりみき」なのか、焼き鳥がメーンだからなのかは不明。

 ここの焼き鳥は大ぶりで、写真通り一本が大きい。この店は全てがデカイのか、銀杏も大粒だし、隣の初老のカップル(どうも表現が古い)が食べている「寄せ鍋」もかなりの量だ。鍋もでかいし、どう見ても三人前はある。お得感いっぱい。

店のお姉さんに熱燗をオーダー。銘柄は何って聞くとキョトンとした顔で中のお兄さんに訊いている。そりゃそうだバイトの若い娘に日本酒の銘柄が分かる訳がない。「沢の鶴」。

 二件目は千川通りの「熟女パブ」へ。エレベーターに乗ろうとしたらそこのボーイさんが「本日は女性が一人しか」って。この前は日曜だったが今日は月曜日のはず。いつも月曜日は休みなので感覚がズレている。祝日でした。今週も“熟女”との縁はなし。

 しょうがないので北口の幸寿司へ。ここは1年中やっている店で大将も休んだ事はないと言ってます。しかもランチ営業までやっている。穴きゅう、とろタク、ヒモきゅうの細巻きで燗酒を。米と米だが、これが合うんだな。やってみて。

 今週はGIがお休み。でも重賞が5個もある。荒れそうなハンデ重賞のアルゼンチン共和国杯。重賞実績がないのにハンデが55キロに評価されたスーパームーン。東京も走るし、上昇度は一番。

 昨日、11月5日は171年ぶりのミラクルムーン。東京はあいにく雲が邪魔して見られず。日曜日はスーパームーンで月見酒になれば良いのだが…。ではまた来週。

★アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

※サンスポ予想王TVでは、中央競馬全レースの出馬表に三原吉次の予想印を掲載しています。馬券検討の“指標”としてご活用ください。掲載はレース前日の夕方以降です
(サンプルはこちら→PCスマホ

三原吉次(みはら・よしじ) 元GallopOnline本紙予想

経験

本命

単勝・馬連

プロフィル

競馬エイト編集部で、競馬の善し悪しを教わって○十年。吉田、戸田TMとはお金のない時代(なんか今あるみたい)から飲み歩いた仲。現在も進行形。後輩の椋木TMはエイト移籍前から面倒みていた(偉そうに)ほど。現在は色んな所を兼任

予想スタイル

結構本命党だが、平場の条件戦では徹底した穴狙いで、これが本質かも。