中央競馬:ニュース中央競馬

2014.11.4 05:00

【若駒ピカイチ】ロカ

 《戦評》モッサリとしたスタートだったが、中団でじっくりと追走。直線入り口で馬群がばらけてからGOサインが出ると、目の覚めるような末脚を繰り出して勝利を飾った。1000メートル通過が1分4秒1というスローペースを考慮しても、16頭中最速の上がり3ハロン33秒2の瞬発力は高く評価していい。

 《血統》母ランズエッジは3冠馬ディープインパクトの半妹。自身は8戦して勝てずに終わったが、潜在能力の高い血筋であることは疑いようがない。英GIキングジョージ6世&クイーンエリザベスSをレコードで圧勝した父ハービンジャーがスピードと力強さを加え、うまくかみ合った感がある。

 《将来性》「センスがある。初戦としては文句なしの内容」と和田騎手は高い評価。牝馬ながら500キロと馬格があり、成長の余地も大きそう。古馬になってさらによくなりそうだが、現時点でもクラシック級の逸材といえる。