中央競馬:ニュース中央競馬

2014.11.3 21:11

【ファンタジーS】阪神JFを目指す牝馬の戦い

りんどう賞でクビ差2着のダノングラシアス。ゴール前の脚いろは際だっていた

りんどう賞でクビ差2着のダノングラシアス。ゴール前の脚いろは際だっていた【拡大】

 今週の中央競馬は土日で重賞が5鞍行われる。なかでも土曜の京都は京都ジャンプSとGIIIファンタジーS(芝・外1400メートル)の2本立て。暮れの2歳女王決定戦、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月14日、阪神、芝1600メートル)を目指す牝馬の戦いとあって、過去の上位馬にはのちのGI級が名を連ねている。

 ダノングラシアス(栗東・矢作芳人厩舎)は、昇級戦のりんどう賞でクビ差の2着。良血コートシャルマンに惜敗したものの、ゴール前の脚いろは際だっていた。今度は同じ京都の1400メートルでも外回り。改めて息の長い末脚に期待したい。

 フェニックス賞勝ち、小倉2歳S2着と実績では断然のレオパルディナ(栗東・高橋康之厩舎)。軽快なスピードとセンスの良さがセールスポイントで、2歳戦向きの完成度は大きな武器だ。1ハロンの距離延長なら対応できそうな走り。過去10年でこのレースを3勝している武豊騎手の手綱も心強い。

 牡馬相手のききょうS、もみじSで3着に奮闘しているシゲルチャグチャグ(栗東・武田博厩舎)は、逃げに徹して戦績が安定してきた。ここ2戦の相手関係を考えれば、牝馬限定戦で期待がふくらむ。

 カンナS2着のオールオブユー(栗東・浅見秀一厩舎)は、軽快な先行力が光る。早い時期に完成する母系のダイワプロパー(栗東・松田国英厩舎)や、中間の良化が目立つタガノヴェルリー(栗東・今野貞一厩舎)、素質の高いニューエディション(栗東・藤原英昭厩舎)、初戦で非凡な切れ味を披露したペルフィカ(栗東・岡田稲男厩舎)、4カ月半ぶりでも素質は互角のルアンジュ(栗東・笹田和秀厩舎)など、有力馬は五指に余る。。夏の小倉で新馬-ひまわり賞を連勝した九州産馬エフェクト(栗東・服部利之厩舎)も注目される存在だ。

★ファンタジーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

★オリジナル評価付きの追い切り動画
 「調教動画 星3つ!」チャンピオンズC配信中