中央競馬:ニュース中央競馬

2014.10.29 05:09

【天皇賞・秋】フェノーメノ実は中距離バッチリ!(2/3ページ)

2012年の天皇賞・秋2着のフェノーメノ

2012年の天皇賞・秋2着のフェノーメノ【拡大】

 テイエムオペラオー以来となる史上2頭目の偉業へ、青鹿毛の“怪物”が動き出す。3度目の天皇賞制覇に照準を定め、フェノーメノが着々と態勢を整えている。

 「脚部不安があっての休養明けだった春とは違う。乗り込み量も十分。実戦から遠ざかっているだけで、文句のない状態にある」

 全休日明けのこの日、戸田調教師が愛馬の様子を伝えた。角馬場で体をほぐし、美浦坂路をキャンターで1本。軽快な脚どりからも、体調の良さが伝わってくる。

 今春は日経賞5着から見事に立て直して、天皇賞・春連覇を飾った。長丁場での強さから、最近はステイヤーとしてのイメージが定着しているが、「もともと中距離の適性が高いと思っていた。GI勝利は春の天皇賞だけだが、地力の高さで勝ってくれた」と戸田師。実際に3歳秋は菊花賞をパスして天皇賞・秋に挑戦し、1番人気で2着。「あのときとは体全体の張りが全然違う。(古馬になって)グッと良くなっているから」と大幅なパワーアップも強調する。

【続きを読む】