中央競馬:ニュース中央競馬

2014.10.28 05:04

【鈴木淑子のごめんあそ馬せ】超良血ディサイファ24戦目初GI(2/2ページ)

 しかし、ディサイファは全体的に身体が弱く、小島太調教師は「能力を発揮できるのは古馬になってから。それでも、大崩れしないのは能力の証し」と、素質の芽を摘むことなく鍛えてきました。

 今年6月、エプソムCで念願の重賞初制覇。その後は他の重賞に見向きもせず、秋の天皇賞への試金石として毎日王冠に挑みました。休み明けで7分のデキながら正攻法で差のない4着に、「やはり力はある」と確信したそうです。

 世界的名馬ドバイミレニアムの血と日本の英雄ディープインパクトの配合は唯一無二。「日本でこの血をつないでいきたい。それはこの馬の成績にかかっている」と、トレーナーは気合が入っています。思い描く完成像の8分まではすでに見せており、「あと2分を出せるデキで天皇賞にぶつけてみる。楽しみです」という力強い言葉に期待がふくらみます。 (鈴木淑子)