中央競馬:ニュース中央競馬

2014.10.4 17:28

日本で負傷したシュタルケ騎手が5カ月ぶりに復帰

5カ月ぶりに復帰したシュタルケ騎手(撮影・Kennosuke Sasaki)

5カ月ぶりに復帰したシュタルケ騎手(撮影・Kennosuke Sasaki)【拡大】

 短期免許で来日していた5月4日に、京都競馬場で落馬負傷したドイツのアンドレアシュ・シュタルケ騎手(40)が、3日にケルン競馬場で5カ月ぶりに復帰した。

 復帰戦からいきなり2連勝するなど、この日は5戦3勝。変わらぬ腕達者ぶりを見せつけて、地元のファンを喜ばせた。

 シュタルケ騎手は2011年の凱旋門賞をデインドリームで制するなど、ドイツ屈指の名ジョッキー。今春の短期免許による来日では、ワールドエースとのコンビでGIIマイラーズCを勝っていた。