中央競馬:ニュース中央競馬

2014.9.17 11:46

凱旋門賞へジャスタ&シップ、ハープそろって順調 

凱旋門賞へ国内最終追い切りを行ったゴールドシップ(左)とジャスタウェイ。栗東坂路で併入し、順調さをアピールした

凱旋門賞へ国内最終追い切りを行ったゴールドシップ(左)とジャスタウェイ。栗東坂路で併入し、順調さをアピールした【拡大】

 10月5日の仏GI凱旋門賞(ロンシャン、芝2400メートル)に挑むジャスタウェイ、ゴールドシップ、ハープスターがけさ、栗東TCで国内最終追いを行った。

 須貝勢2頭はジャスタに福永騎手、ゴールドに横山典騎手が跨り、先週に続き坂路併せ馬。追いかけたゴールドが徐々に差を詰め、3F地点で半馬身差。ラスト1Fで馬体を合わせてそのままゴールした。強めに追われ余裕を感じさせたジャスタは4F53秒1-37秒8-12秒2。一杯に追われたゴールドは52秒5-37秒4-12秒2だった。

 ジャスタのユーイチは「良かった。ドバイはできすぎを心配したが、今回はちょうどいい。安田記念からしっかり時間を取り疲れはない。相手云々じゃなく、この馬自身が走り切れるかだね」。ゴールドのノリは「相手は動く馬だし、いい調教ができた。初物尽くしのなか、無事にレースに臨み頑張りたい」と語った。

 ハープスターはCWコースの直線でスムーズに末脚を伸ばし、ヴィルジニア(4歳500万下)を2馬身突き放した。札幌記念Vの疲れは感じさせず、6F84秒8-68秒7-53秒5-39秒4-11秒4。「順調なのが何より。帰厩してからひとつひとつ段階を上げてきている」と松田博調教師。(夕刊フジ)