中央競馬:ニュース中央競馬

2014.9.6 15:37

【札幌2歳S】良血エンブレム無傷で重賞V!(2/2ページ)

大外一気の追い込みを決めたブライトエンブレム。秋華賞馬を母に持つ良血が無傷2連勝で重賞初制覇を果たした

大外一気の追い込みを決めたブライトエンブレム。秋華賞馬を母に持つ良血が無傷2連勝で重賞初制覇を果たした【拡大】

 GIを制した偉大な母に続く道のりへ、ブライトエンブレムが堂々と出世レースを制した。素質馬ぞろいの一戦を制したのは、秋華賞馬ブラックエンブレムを母に持つ鹿毛の牡馬。序盤は最後方だったにもかかわらず大外から豪快に突き抜けて、クラシックの有力候補であることを強烈にアピールした。

 レースは1番人気のミッキーユニバースが果敢に先行。アルマワイオリが2番手につけて、サウスキャロライナ、マイネルシュバリエが3番手を併走した。平均的なペースで流れ、ミッキーユニバースが先頭のまま直線に向く。アルマワイオリ、マイネルシュバリエが徐々に差を詰め、さらに外からレッツゴードンキも脚を伸ばしてくるが、ブライトエンブレムが勝負どころから大外を一気に進出。その勢いに乗って直線もひと味違うフットワークで伸び、前を行く各馬をゴール前で差し切った。1馬身1/4差の2着が11番人気のマイネルシュバリエ。さらにクビ差の3着が7番人気のレッツゴードンキだった。

 ブライトエンブレムは、父ネオユニヴァース、母ブラックエンブレム、母の父ウォーエンブレムという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)シルクの所有馬。通算成績は2戦2勝。重賞初勝利。小島茂之調教師、田辺裕信騎手ともに札幌2歳S初勝利。

 田辺騎手は「キャリアも浅いので道中は折り合いに気をつけましたが、馬が素直で操作しやすかったし、考えていた以上に楽でした。早めに前をとらえようと3コーナーから上がっていきましたが、外、外を回るロスがあったのにしまいまで止まらずに走ってくれました。馬がすごく頑張ってくれましたね。直線に向いて馬群に並びかける勢いが違ったので、これはいけるかな、と思いました。まだゲートが不安定ですし、キャリアも浅いのですが、そのぶん伸びしろはたくさんあると思うので、これからが楽しみです」と無傷の重賞Vを果たした良血馬に期待を寄せていた。

★6日札幌11R「札幌2歳S」の着順&払戻金はこちら