中央競馬:ニュース中央競馬

2014.8.19 05:00

3年連続で最優秀アラブ選出アキヒロホマレ死亡

 1987年から3年連続でJRA賞最優秀アラブに選出されたアキヒロホマレ(牡29、父マルケンダイドウ)が18日、功労馬として繋養されていた北海道新ひだか町の静内種馬場で老衰のため死亡した。

 87年に栗東・坪憲厩舎からデビュー。サラブレッド相手には9戦して勝てなかったが、アラブ相手には20戦18勝。7度のレコードタイムをマークし、セイユウ記念、タマツバキ記念(2回)と重賞を3勝した。最後の勝利となった89年のアラブ王冠(OP)は70キロを背負って逃げ切った。

 90年に引退し、92年から日本軽種馬協会で種牡馬入り。産駒に97年荒尾記念を勝ったライトアゲインがいる。JRAでは95年を最後にアラブ系のレースは行われていない。

 ◆中西静内種馬場場長 「29歳まで長生きしてくれましたので、大往生ではないでしょうか。ゆっくり休んでください」