中央競馬:ニュース中央競馬

2014.8.18 11:53

JRA最後の大物アラブ・アキヒロホマレ死す

 北海道・新ひだか町の日本軽種馬協会静内種馬場で功労馬として繋養アキヒロホマレ(牡29歳)が18日午前6時、老衰のため死亡した。

 アキヒロホマレは父マルケンダイドウ、母ビクトリアータイムという血統のアングロアラブ。タマツバキ記念2勝、セイユウ記念優勝など、29戦18勝(うち地方1戦0勝)で、1987年から3年連続で最優秀アラブに選出された。引退後は92年に種牡馬入り。種牡馬としての務めを終えた後も、静内種馬場で功労馬として余生を過ごしていた。JRAでは95年にアラブ競走が廃止されており、地方でも現在はアラブ系競走は行われていない。