中央競馬:ニュース中央競馬

2014.8.18 11:40

ランキング発表! 横山TMが2位に浮上!

日曜新潟10Rで3連単の2万馬券を仕留めた関東競馬エイトの横山英二TM。前週の5位から2位へと順位を上げてきた

日曜新潟10Rで3連単の2万馬券を仕留めた関東競馬エイトの横山英二TM。前週の5位から2位へと順位を上げてきた【拡大】

 総合レースサイト「サンスポ予想王TV」では、68人の中央競馬スタッフがそれぞれ自信のあるレースを自ら選び、買い目と金額を明示して回収率を競う「ガチンコ収支バトル」を開催しています。GIシーズン以外にも毎週競馬は行われており、常に取材やデータ収集を続けているスタッフたちは、毎週末の勝負レースに全力投球。その成果は馬券収支となって表れており、先週末も続々と好配当的中の情報が届きました。

 13週間にわたる今年度の第3ステージは、先週末が“折り返し点”の7週目。ここ数週間、動きのなかったトップ3にも変動がありました。引き続き首位に立つのは第2ステージに続く連覇を狙う週刊Gallopの松永昌也記者ですが、2、3位が変わっています。

 2位に浮上してきたのは関東競馬エイトの横山英二TM。日曜新潟10Rで3連単の2万馬券を仕留めて、前週の5位からさらに順位を上げてきました。人気馬を狙うことはほとんどなく、大半が穴狙い。それでいて、今期は14レース中7レースを的中させています。実は、軸馬が馬券にからんでいるのに3連単がはずれてワイドだけ的中、というケースも何度かありました。ちょっとした歯車がかみ合っていれば、逆転しても何ら不思議はありません。絶好のリズムに乗る横山TMには今週末も要注目です。

 そして3位には関西競馬エイトの西尾学TMが入ってきました。こちらは前週の4位からワンランクアップ。買い目を絞って、堅いレースでも着実にプラスを計上する策があたっています。実際の西尾TMはまじめで控えめな人柄ですが、馬券の買い方は男らしく剛胆。思い切った勝負はまさにギャンブラーといえるでしょう。

 また、7位の関西競馬エイト高橋賢司TM、8位の関東競馬エイト松本ヒロシTMは、どちらも地上波テレビ中継でおなじみ。先週はともに大幅なプラスを計上して、順位を一気に上げています。特に高橋賢TMは単勝39.6倍という大穴馬の単複をズドンと当てる会心のヒット。さすがの実力を披露しています。

 ベスト10は全員、回収率が160%を超えており、そのあとに続くメンバーも黒字収支がズラリ。プロが厳選した勝負レースだけに、的中精度も抜群です。これから後半戦に入る第3ステージですが、まだまだ上位陣も油断はできません。ハイレベルな争いだからこそ、互いに譲れないプロの意地がぶつかり合い、続々と好配当が飛び出します。それが「ガチンコ収支バトル」の魅力。ユーザーの皆さまにも、ぜひ勝ち組の喜びを味わっていただきたいと思います。今夏のハイライトである札幌記念ウイークも、ぜひ68人のスタッフにご期待ください。

★2014年第3ステージ回収率ランキング
※(左から)名前 購入 払戻 回収率 の順
(1)Gallop松永 8万4000円 28万2000円 336%
(2)関東エイト横山 13万7900円 30万9980円 225%
(3)関西エイト西尾 14万0000円 28万8700円 206%
(4)関東エイト山本 12万2000円 23万3650円 192%
(5)関東エイト高尾 13万8000円 25万5700円 185%
(6)東京サンスポ石川 7万500円 12万7000円 180%
(7)関西エイト高橋賢 14万0000円 24万9200円 178%
(8)関東エイトヒロシ 13万8700円 24万5640円 177%
(9)大阪サンスポ正木 14万0000円 24万1730円 173%
(10)関西エイト仲 14万0000円 22万8450円 163%