中央競馬:ニュース中央競馬

2014.8.6 11:46

【レパードS】重賞連勝へ!アルヴィス万全追い

栗東坂路で理想的な仕上がり具合をアピールしたレッドアルヴィス

栗東坂路で理想的な仕上がり具合をアピールしたレッドアルヴィス【拡大】

 レッドアルヴィスは4角2番手から豪快に抜け出し、ユニコーンSを制した。新潟は初めてだが、3勝の内訳は東京2勝、中京1勝。左回りなら何の問題もない。

 栗東坂路で3F目からペースアップし、12秒6-12秒5できっちりまとめた。手応え、脚勢とも余裕十分。先週はCWコースでしっかり追われており、理想的な仕上がりと言っていい。

 「思い描いていた調教ができた。長距離輸送もあるので、これでちょうどいいでしょう。派手な動きをする馬じゃないが、イメージどおりだね」と、寸分の狂いもない内容に安田調教師から笑みがこぼれた。

 「ここでも結果を残して、秋は武蔵野SからチャンピオンズC。来年は東海SからフェブラリーS。得意の左回りのレースがずっとあるね。ドバイへ夢をつなげるようなレースをしてほしい」と早くも来春のプランを掲げるが、それも能力が高ければこそ。若きエースの姿を、第1回レパードSの覇者でJCダート連覇、ドバイワールドC2着のトランセンドにダブらせている。(夕刊フジ)

★レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら