中央競馬:ニュース中央競馬

2014.7.14 05:07

【七夕賞】レースを終えて…関係者談話

 ◆内田騎手(ダコール4着) 「ノメりながら走っていた。パンパンの良馬場の方がいい」

 ◆田中勝騎手(ミキノバンジョー5着) 「道中はいい感じで(2番手を)走れていたし、最後もがんばっている」

 ◆川田騎手(ラブリーデイ6着) 「理想的な競馬はできたと思うが、こういう(雨で湿った)馬場も影響したみたいですね。57キロというのもかわいそうでした」

 ◆柴田善騎手(ヴィクトリースター7着) 「馬場を気にしながら走っていて、ハミを取らなかった」

 ◆武士沢騎手(コスモバルバラ8着) 「牡馬相手のこのメンバーでがんばっている」

 ◆北村宏騎手(ダイワファルコン9着) 「歩様は良かったし、ロスなく理想的に運べた。ただ、追い出して少し反抗していた」

 ◆石神騎手(イケドラゴン10着) 「障害練習の効果で前向きな気持ちが戻っていた」

 ◆杉原騎手(グランデスバル11着) 「押っつけ通しで、二千だと忙しい」

 ◆畑端騎手(オートドラゴン12着) 「3コーナーでモタモタしていた」

 ◆大野騎手(マデイラ13着) 「もう少し前に行きたかったが、ノメッて進まなかった」

 ◆石橋騎手(ロードオブザリング14着) 「上がって行きたいときに、動けなかった」

 ◆橋田調教師(アドマイヤブルー15着) 「ブリンカーを着けたが、(ハナへ)行き切れなかった」

 ◆エスポジート騎手(セイカプレスト16着) 「(ゴール手前で)故障してしまった」

★13日福島11R「七夕賞」の結果はこちら