【2歳新馬】評判馬ティルナノーグが快勝!

2014.6.29 12:30

 29日の阪神5R2歳新馬(芝1800メートル)は、武豊騎手騎乗の1番人気ティルナノーグ(牡、栗東・松永幹夫厩舎)が4コーナー手前から進出して直線もしぶとく競り勝って快勝した。タイムは1分51秒9(稍重)。

 ストロベリーボスがゆったりと先頭に立ち、シゲルホウネンサイが2番手。ジョウショーチカラもダッシュがついて好位につける。流れは落ち着いたが、3コーナー過ぎから後方にいた馬たちが外から進出。人気のティルナノーグも、一気に先頭に並びかける勢いで位置取りを上げて直線に向いた。先行馬は苦しくなって、直線半ばからはティルナノーグとトーセンバジルの人気2頭による一騎討ちムード。いったんトーセンバジルが前に出るシーンもあったが、しぶとく伸びたティルナノーグが差し返して快勝した。クビ差の2着が2番人気トーセンバジルで、さらに2馬身差の3着に3番人気のレッドソロモンが入り、人気通りの決着となっている。

 ティルナノーグは、父ディープインパクト、母バイコースタル、母の父Gone Westという血統。

 武豊騎手は「4コーナーから直線に向くところで馬が気を抜いたけれど、他馬が来たらもう1回ハミを取ってくれました。いい走りをするし、かなりやれそうな馬ですね」と前評判が高かったディープインパクト産駒の将来性に太鼓判を押していた。

★29日阪神5R「2歳新馬」の結果はこちら

閉じる