中央競馬:ニュース中央競馬

2014.6.29 12:09

【2歳新馬】2番人気キッズライトオン快勝

2番手から抜け出して完勝デビューを果たしたキッズライトオン

2番手から抜け出して完勝デビューを果たしたキッズライトオン【拡大】

 29日の函館5R2歳新馬(芝1200メートル)は、菱田裕二騎手騎乗の2番人気キッズライトオン(牡、栗東・田所秀孝厩舎)が2番手から抜け出して完勝。タイムは1分10秒6(良)。

 ややバラついたスタートからネミッサが先手を取ると、外からキッズライトオンが2番手にマーク。人気のホーリーランドは後方からの競馬となった。直線入り口でキッズライトオンが抜群の手応えで抜け出し、そのまま押し切って1馬身1/2差で快勝。鮮やかにデビュー勝ちを飾った。ネミッサも食い下がったが、3番手から脚を伸ばした5番人気のオープンザウェイが2着を確保。2着と1馬身3/4差の3着が4番人気のネミッサだった。

 キッズライトオンは、父スニッツェル、母オンシジューム、母の父エンドスウィープという血統。祖母の兄ムービースターはGII中山記念など重賞4勝。

 菱田騎手は「外枠なので厳しいかと思いましたが、二の脚が速く、いい位置が取れました。まだフワフワと走っていて、遊んでいる部分もありますから、今後の上積みも十分だと思います」と将来への手応えを感じている口ぶりだった。

★29日函館5R「2歳新馬」の結果はこちら

★大型馬柱&調教タイム&レース前談話を大公開!
 サンスポ予想王TVプレゼンツ「宝塚記念特集」