中央競馬:ニュース中央競馬

2014.6.18 13:57

重賞4勝のコーセイが死亡

 GII中山記念など重賞4勝を挙げたコーセイ(父タイテエム、母ハマノルーフ、牝30歳)が15日に死亡した。引退後は繁殖入りしたが、中央競馬で勝ち星を挙げた産駒は1頭にとどまり、その後は功労馬として浦河・渡辺牧場で余生を過ごしていた。

 コーセイは美浦・尾形盛次厩舎からデビュー。GIIIテレビ東京賞3歳牝馬Sで重賞初Vを飾ると、桜花賞トライアルのGII4歳牝馬特別にも優勝。桜花賞2着、オークス4着と、同期の名牝マックスビューティを相手に健闘した。その後も長期休養を挟みながら、4歳時にGIII七夕賞、5歳時にはGII中山記念を制するなど活躍。通算18戦6勝の戦績だった。