中央競馬:ニュース中央競馬

2014.5.26 05:03

【オークス】ヌーヴォ・原オーナー、18年目で悲願GI

笑顔でNO・1をアピールする原禮子オーナー(右から2人目)ら関係者。左は岩田騎手 (撮影・北野浩之)

笑顔でNO・1をアピールする原禮子オーナー(右から2人目)ら関係者。左は岩田騎手 (撮影・北野浩之)【拡大】

 第75回オークス(優駿牝馬)(25日、東京11R、GI、3歳オープン牝馬国際(指)、定量、芝2400メートル、1着本賞金9700万円  =出走18頭)馬主歴18年目にして初めてのGI勝ちの美酒に原禮子オーナー=株式会社オメガコンサルタンツ代表取締役社長(人材総合プロデュース会社)=は、心の底から酔いしれていた。「馬主をやめないでよかった」。第一声を放ったオーナーだが、ゴール前の死闘にはまともに視線を向けられなかった。「もしかして、もしかして…って気持ちで、あとは足の震えが止まりませんでした」。

 「勝ちたい」という強い意志を持って臨んだ。斎藤師には、この日のために服装一式をプレゼント。シャツとネクタイは濃いピンク地で勝負服に合わせた。

 生産者の吉田照哉・社台ファーム代表(66)も感慨深げ。「ハーツクライでディープインパクトを破った有馬記念(2005年)を彷彿とさせたね。その子が同じことを再現させたのだから」。ヌーヴォの2歳妹はネオユニヴァース産駒。これも斎藤厩舎からデビューする。 (水戸正晴)

★25日東京11R「オークス」の着順・払戻金はこちら

★みなみ&樋山&横山のダービー馬券をプレゼント
 サンスポ予想王TVプレゼンツ「日本ダービー特集」