中央競馬:ニュース中央競馬

2014.5.14 19:58

来季のドバイワールドカップはダートで施行

 メイダングループの会長兼最高経営責任者であるサイード・アル・タイヤー氏は、「これは、メイダン競馬場とドバイワールドカップカーニバルの未来にとってベストとなるであろう決断だ」と、世界最高賞金のドバイワールドカップが行われるUAEのメイダン競馬場のオールウェザーコース(タペタ)を、2014-2015レーシングシーズンから、伝統的なダートコースに置き換えると発表した。

 タペタの維持費や管理上の問題に加え、昨年のドバイワールドカップデー諸競走でタペタで勝った馬たちが、その後、1勝もできていない点や、かつてのナドアルシバ競馬場のドバイワールドカップで無類の強さを誇ったアメリカ勢(第1回~14回で8勝)が、今年のドバイワールドカップには1頭も出走しなかったことなどが、ダート回帰の理由とみられている。

 ドバイワールドカップは1996年の第1回から2009年の第14回まで、ナドアルシバ競馬場のダート2000メートルで施行されていたが、2010年からメイダン競馬場に移行してオールウェザー2000メートルに変更された。日本馬はダート時代には2001年のトゥザヴィクトリーの2着(優勝はキャプテンスティーヴ=アメリカ調教馬)が最高着順。オールウェザーの時代には2011年にヴィクトワールピサとトランセンドがワンツーフィニッシュを決めている。

 ちなみに、今年の3月29日に行われたドバイワールドカップには日本馬2頭が出走して、ともに着外(ベルシャザール=16頭立ての11着、ホッコータルマエ=16頭立ての16着)に敗れている。

★もーやんの“好配当予告”がさく裂!
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」