小崎綾也騎手、父の管理馬でデビュー初日V!

2014.4.20 05:01

 新人の小崎綾也(りょうや)騎手(18)=栗・村山=が19日、阪神7Rを父である小崎調教師の管理馬ケルンフォーティーで勝ち、JRA初勝利をあげた。2月19日の調教中に眼底骨折を負いデビューが遅れ、この日の阪神1Rが初騎乗(アグネスアミニソル11着)。通算4戦目でのVだった。

 小崎騎手は「デビュー日に、いい馬を回していただいて、感謝しています」とニッコリ。「馬に乗るだけでも幸せだと感じていましたが、勝利して感動を味わうと、素晴らしいものでした」と喜びをかみしめていた。

 親子Vを果たした小崎師は「無事に回ってくればと思っていましたが、まさか勝つとは…。これから気を緩めずにやっていってほしいね」とエールを送った。

閉じる