中央競馬:ニュース中央競馬

2014.4.19 16:27

【皐月賞】夕刊フジ・調教チェッカーズ

抜群の反応で3頭併せの最内から楽々最先着したトゥザワールド

抜群の反応で3頭併せの最内から楽々最先着したトゥザワールド【拡大】

 今年の皐月賞はベテラン・トレーナーが送り込む有力馬が多い。ワンアンドオンリーの橋口師は68歳、イスラボニータの栗田博師は65歳、アデイインザライフの鈴木康師はレース前日の19日に70歳になる。寄る年波など恐るるに足らず、桜花賞では68歳の松田博師のハープスターが大いに魅せた。今週も老練の妙手が見られるかも。

 1番手はトゥザワールドだ。高レベルで安定という表現がピッタリで、ほぼ馬なりの今週も、抜群の反応で3頭併せの最内から楽々最先着した。リラックスした様子も変わらず、まさしく世代イチの優等生。

 イスラボニータは先週の動きが圧巻。味付け程度の今週も、馬なりで先導役をあっという間にパスした。メンバー中最小兵(前走時462キロ)ながら、全身を大きく使う走りは圧倒的なほど。

 ワンアンドオンリーは坂路で先週4F51秒1、今週50秒8の猛スパー。併走馬に手応えで見劣ったのは追走した分で、ハロー直後でもないのに50秒台は文句なしのパワーだ。馬体の張りもピカイチ。(夕刊フジ)

★皐月賞の枠順はこちら

★高橋雄TMが休み明け激走馬を見事推奨!
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」