中央競馬:ニュース中央競馬

2014.4.10 05:01

ビートブラック、屈腱炎再発し引退

 2012年の天皇賞・春優勝馬ビートブラック(栗・中村、牡7)が9日、右前繋部浅屈腱炎を発症していることがわかった。近日中に登録を抹消し、引退する方針。今後は未定。

 昨年2月の京都記念4着後、右前繋部浅屈腱炎を発症して休養。6日の産経大阪杯で復帰したものの、最下位の8着に敗れていた。古傷が再発した形になった。中村調教師は「天皇賞は展開、馬場も向いて騎手も上手に乗ってくれて、すべてがうまくいきました。再発は残念です」と語った。

 通算34戦6勝、総獲得賞金は3億2021万7000円。重賞は前述の天皇賞・春の1勝。

★現場&パドックから“激アツ情報”お届け!
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」