中央競馬:ニュース中央競馬

2014.3.16 11:05

【3歳新馬】ジェネシス完勝 ボラーレは7着

デビュー戦で7着に敗れたボラーレ

デビュー戦で7着に敗れたボラーレ【拡大】

 16日の阪神3R3歳新馬(ダート1800メートル)は、浜中俊騎手騎乗の1番人気ネオジェネシス(牡、栗東・大久保龍志厩舎)が快勝。タイムは1分55秒7(稍重)。

 ワンダーアジルが積極的に先手を奪い、2番手以下を引き離して逃げる。ミレニアムソング、クーファアーマーが続いて、人気のネオジェネシスは4番手を追走。ウオッカの初子で注目されたボラーレは後方からレースを進めた。ワンダーアジルは軽快なペースを刻んだが、4コーナーでは手応え良くネオジェネシスが進出。2頭が後続に差を付けて直線に入った。ワンダーアジルも懸命に食い下がったが、ネオジェネシスは楽に突き放してそのまま快勝。人気に応えて初陣を飾った。4馬身差の2着には4番人気のワンダーアジルが逃げ粘り、直線で内から伸びた3番人気フアヒキリが、2着から7馬身差の3着に入っている。

 ネオジェネシスは、父ネオユニヴァース、母フィックルフレンズ、母の父Demons Begoneという血統。おじVolponiは米GIブリーダーズカップクラシックの勝ち馬。

 浜中騎手は「大型馬ですが、調教の段階から機敏な動きを見せていましたからね。競馬でも砂を被っても大丈夫だったし、馬ごみも平気でした。最後も手応えどおり、力強く伸びてくれましたね。素質の高い馬ですよ」と人気に応えてのVを高く評価していた。

 また、ボラーレの岩田康騎手は「大型馬で大跳び。器用さはなく、最後も伸び切れなかったけど、一瞬、グッとくる手応えはありました。これから良くなってくる馬だと思います」と今後の良化に期待していた。

★16日阪神3R「3歳新馬」の着順・払戻金はこちら

★鋭い分析でズバッと指摘!パドック診断
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」