中央競馬:ニュース中央競馬

2014.3.15 17:33

ルーキー木幡初也騎手が初勝利! 父も祝福

中山12Rで初勝利を挙げた木幡初也騎手。後ろの父・木幡初広騎手と喜びを分かちあった

中山12Rで初勝利を挙げた木幡初也騎手。後ろの父・木幡初広騎手と喜びを分かちあった【拡大】

 今年デビューの木幡初也騎手(18)=美浦・鹿戸雄一厩舎=は15日、中山12Rをカレイファンタジアで勝ち、3月1日の初騎乗(ディープフォンテン12着)から12戦目で待望のJRA初勝利を挙げた。今年デビューの初勝利は義英真、松若風馬騎手に続いて3人目で、関東では一番乗りとなった。

 「最後は届いたと思いました。同期が先に勝っているので、もっと早く勝ちたかったですが、今は勝ててホッとしています。今週よりも来週の自分が、もっとスキルを上げていけるように努力したいです。今度は父(初広騎手)と同じレースで勝ちたいです」と笑顔で喜びを爆発させた。

 息子の初勝利を間近で見ていた初広騎手は、初Vのインタビューを受ける息子の後方でプラカードを掲げて祝福。「勝たないと意味のない勝負の世界なので勝てて良かった。同じ日に親子(父は中山2R・グラスルノンでV)で勝てたのはうれしいね」と目尻を下げていた。

 ※父子同日勝利…15日の中山競馬では、父・木幡初広騎手が2RのグラスルノンでV。息子の初也騎手が12Rを勝ったため、同日に“ジョッキー親子V”となった。直近の騎手の親子同日勝利は、1月13日の東京競馬で1Rで横山和生騎手がナスケンリュウジンで勝ち、横山典弘騎手が12Rをエバーグリーンで勝っている。

★鋭い分析でズバッと指摘!パドック診断
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」