中央競馬:ニュース中央競馬

2014.3.10 19:06

【フィリーズR】ホウライアキコなど好素材馬そろう(1/2ページ)

昨年、デビューから3連勝でデ杯2歳Sを制したホウライアキコ。非凡なスピードの持ち主だ

昨年、デビューから3連勝でデ杯2歳Sを制したホウライアキコ。非凡なスピードの持ち主だ【拡大】

 阪神競馬場では8日のチューリップ賞に続き、16日に桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(GII、芝1400メートル)が行われる。3着までに本番への優先出走権が与えられるレースだが、過去10年の勝ち馬のうち桜花賞を制したのは2005年ラインクラフト1頭だけ。今年も桜戦線はチューリップ賞を圧勝したハープスター断然ムードだが、フィリーズレビュー組も好素材がそろっている。

 ホウライアキコ(栗東・南井克巳厩舎)は昨年、新馬-小倉2歳S-デイリー杯2歳Sと3連勝。そのうち、新馬とデイリー杯はレコードタイムをマークするという非凡なスピードの持ち主だ。暮れの阪神ジュベナイルフィリーズはGIデーの熱気の影響か、テンションが高く、直線でいったん先頭に立ったものの、失速して7着に終わった。

 仕切り直しの一戦となる今回は、上々の仕上がりを見せている。スピードの絶対値が高いだけに前走から1ハロンの距離短縮は大きなプラス。勝って存在をアピールしたい。

★Oh!モーヤン大当たり連発!パドック診断もあります
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」

【続きを読む】