中央競馬:ニュース中央競馬

2014.2.7 05:01

種牡馬コパノフウジン、急性心不全のため死亡

 北海道新ひだか町のへいはた牧場でけい養されていた種牡馬コパノフウジン(父ヘネシー)が5日、急性心不全のため死亡した。12歳だった。同馬はDr.コパこと小林祥晃氏の所有馬として通算42戦4勝。短距離戦線で活躍した。

★「あの馬の関西遠征は…」など馬券につながる情報ばかり
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」