中央競馬:ニュース中央競馬

2014.1.26 16:33

サンスポ本部長・樋山が20万5490円ゲット!

 【毎週復活! 万券本部長】日曜中山12R

 「最近の天気予報」とかけて「勝てない馬券術」と説く。そのココロは…。「何でもかんでもマークをつける」。

 ユーザーの皆さまも感じていると思うが、最近の天気予報は“安全策”すぎて迷惑だ。ちょっとでも可能性があったら雪のマークをつける。週に1度は東京に雪予報? 奥多摩の山間部でチラリと舞ったりもするのだろうが、それを降雪といわれても…。

 気持ちはわかる。昨年の1月くらいに大雪が降ったときの反省からだろう。雪予報がまったく出ていないところに、首都圏の交通や鉄道がマヒするほどの大雪が降って、おそらく気象庁に嵐のようなクレームが相次いだ?

 「こんなひどい目に遭うのなら…」というリスクマネジメントから、「もしかして、所によると、時間帯によっては」などいくつもの注釈をつけて「雪がちらつくところもあるかもしれません」ってな予報になる。「降らない」って言って降るより、「降る」って言って降らない方がいい。仕方ない部分もあるか。

 同じ予想でもこれを競馬に置き換えると、笑い話では済まない。「おおむね本命がくるかもしれませんが、展開次第では中穴がきて、ペース次第では大穴がくることがあるかもしれません」。こんな予想をしたら大変だ。いい加減にしてくれよ!! まずはデスクが怒鳴る。間違いなく差し替え(ボツ)。ワタシは怒るどころか、その瞬間に予想スタッフから外す。当然のことながら、読者やユーザーの目に触れる前にそんな予想原稿は“抹殺”される。

 ただし、天気予報と競馬の予想には大きな違いがある。天気予報が外れても損はしないが、競馬の予想が外れると多くの場合は損をする。雨予報が外れて晴れればうれしい気持ちになる場合もあるが、本命が外れてうれしいことはまずない。

 そう考えると、サンスポ予想王TVのスタッフに限らず、日本全国何らかのメディアで競馬の予想をしている人間は、少なくとも気象庁の人たちよりは気合を入れて予想すべきだし、外れたときは猛省すべき。外れてヘラヘラ笑っているような人は、予想をする資格はない。ま、ウチにそんなスタッフはいないが。

 【中山12R】(4歳上1000万下、芝2000メートル)。彼がターフに戻ってきた。お久しぶり!! の◎⑧ヘルデンテノールから。

 クラシック戦線にのるはずだったディープ産駒。ワタシも昨年の「隠しダマ」として推奨した。一昨年11月の新馬戦を快勝。2戦目でオープン特別に挑戦したが、のちのGI馬(NHKマイルC)マイネルホウオウにコンマ5秒差の7着。昨年3月、皐月賞トライアルのスプリングS7着を最後に、脚部不安(左前脚のけんしょう炎)で戦線離脱。じっくりと時間をかけて治し、今回が約10カ月半の休養明けとなる。

 1000万下の身ながら、過去5走(2勝)で敗戦3度の着差は、前述以外にカミノタサハラとコンマ2秒差、ロゴタイプとコンマ5秒差。数字だけを追えば、本来このクラスにいてはいけない馬だ。

 問題はしっかりと調教ができているか。久々の不安はどの程度か。競馬エイトの調教短評によれば「質◎ 量◎ 余力十分にゴール前11秒6。久々も好気配」。業界が注目するコンテンツ「調教注目馬プレミアム」にも挙げられていた。「息遣いも悪くないし、態勢は整っている。久々でも格好はつけてくれるはず」と鈴木調教助手。控えめなコメントに自信がみてとれる。

 今回が彼にとって、もっともオッズが揺れるレース。普通に走ったら、次からは素質馬復活の看板がついてくるので、おいしくない。買うなら今回。コラムの冒頭、安全策すぎる、と気象庁へ苦言を呈したワタシだから、当然目数を絞って勝負する。

 ◎⑧ヘルデンテノール
 ○⑨リボントリコロール
 ▲⑩ロンギングダンサー
 △⑦マイネルシュライ

《馬単》
 ⑧→⑨⑩⑦ 各2500円

《3連単》
 ⑧→⑨⑩⑦→⑨⑩⑦(6点) 各400円

※結果…昨年の第1ステージを制した“万券本部長”こと東京サンスポの樋山純レース本部長が、気合を込めた狙い撃ちでビッグな払い戻しを獲得です! ずっと素質を信じて追いかけてきた◎ヘルデンテノールが休み明けをものともせず完勝。相手を3頭に絞り込んでのアタマ勝負が炸裂して、馬単48.1倍×2500円&3連単213.1倍×400円=20万5490円をゲットしました! これで一躍、ランキング上位浮上は確実です。2度目の優勝が見えてきました!

★AJCCのマル秘ネタも配信しました!
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」

樋山純(ひやま・じゅん) 本部長・編集責任者 

直感

3連単

プロフィル

1963年生まれ、サンケイスポーツレース本部長。埼玉栄高~明治大学。天秤座、血液型A。ここだけの話…2012年の東京サンスポ記者予想でプラス収支のトップ

予想スタイル

「最後まで一生懸命走る馬でなければお金をかける価値なし」で上がり3ハロン重視。そこに人生の理屈をこね足して中穴を狙う