中央競馬:ニュース中央競馬

2014.1.15 11:10

【京成杯】ウインマーレライ豪快4馬身先着

ホープフルSでは見どころのある末脚を繰り出したウインマーレライ。追いきりでも残り1Fからスパートし、パートナーを4馬身ちぎった

ホープフルSでは見どころのある末脚を繰り出したウインマーレライ。追いきりでも残り1Fからスパートし、パートナーを4馬身ちぎった【拡大】

 ウインマーレライはホープフルSで勝ち馬から3馬身半離された5着に終わったが、末脚は見どころ十分だった。引き続きの中山10F、流れ次第で逆転がある。

 美浦Wコースで、先週に続きベリー騎手が騎乗した。折り合いは完璧につき、2馬身先行したウェルウィッチアとの間隔をきっちり保ちながら加速。残り1Fでスパートをかけると内からあっさりとパスし、ゴール前では4馬身突き放した。

 目を引く反応の良さに、高木調教師も「予定どおりの動き。ベリー騎手も『乗りやすくグッドコンディション』と言ってくれた」と満足げ。

 「前走はさすがに位置取りが後ろすぎた(2~4角17番手)。その前の東スポ杯2歳S(9着)は休み明けで前に行きすぎて伸びなかった。レースを重ねて気性面は成長しているので、今回はうまく中団くらいから運べれば」とトレーナー。父は中山大得意のマツリダゴッホ(07年有馬記念)というあたりも楽しみだ。(夕刊フジ)

★京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

★鈴木亨TMおいしい情報提供!パドック診断も好調
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」