中央競馬:ニュース中央競馬

2014.1.13 14:06

サンスポ佐藤洋が15番人気◎で10万5600円!

 【佐藤洋一郎の予想王専科】月曜中山8R

 昔の穴党は暮れの餅つき競馬、正月の“おとそ気分”の波乱を楽しみ、というより狙い目として意識していたが、今年は正月より通常開催になったとたんに高配当が連発している。その勢いはとどまる気配がない。

 こういう波乱モードの難解競馬を目数を絞って的中させるのは至難の業。かといって、総流しするほど資金は続かない。対処法としてはまず、好配当の見込める穴馬1頭を発掘して単複で攻め、その資金を後半に回して連複の高配当を狙う。

 その第1弾として【中山8R】の④ファーマジェンヌに目星をつけた。牝馬限定のダートの1000万下条件という、冬場ならではのステージ(芝のレースが少ない)だけに、波乱要素は充満している。

 そういうメンバー構成だからこそ、昨年の1月13日に同じ中山1800ダートを快勝した“冬馬”の復活がある。「前走(阪神遠征)後は、得意の中山の牝馬限定のここを目標に調整してきた」という厩舎談に従って単複で攻める。

《単勝》
 ④番 2000円

《複勝》
 ④番 8000円

※結果…東京サンスポが誇る穴党・佐藤洋一郎記者が10万超えのビッグヒットを放ちました! コラムの通り、買い目を広げるよりも単複で…という策が大成功。15番人気◎ファーマジェンヌの複勝を買い込み、13.2倍×8000円=10万5600円をゲットしました! 有馬記念を外して、潔く丸坊主にした鬼才・洋一郎。今年は反撃の一年となりそうです!

★現場でつかんだマル秘ネタを配信!
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」

佐藤洋一郎(さとう・よういちろう) 

季節 馬場 展開

3連単

プロフィル

1970年サンスポの「読者対抗予想コンテスト」に優勝、初代チャンピオンとなる。その後、競馬エイト発刊スタッフに加わり、その後サンスポに移籍。40数年、穴馬券ひとすじ。

予想スタイル

キ・バ・テン発想から季節成績、馬場、展開が基本スタイル。さらに競走馬の気性にも注目し、特殊馬具の装着も重要と考える。