中央競馬:ニュース中央競馬

2013.12.25 05:01

全米3歳牡馬チャンピオン、種牡馬サマーバード死亡

 ベルモントSなどGIを3勝し、2009年の全米3歳牡馬チャンピオンに選出された種牡馬サマーバード(米ケンタッキー州産、牡7、父バードストーン)が23日、けい養先の北海道静内種馬場で変位疝(へんいせん=腸の疾病)のため死亡した。同種馬場から連絡を受けたJRAが24日、発表した。

 サマーバードは09年にジャパンCダートに出走するため来日したが、阪神競馬場での追い切りで右前脚を骨折して引退。11年に米国で種牡馬になり、今年、日本で種付け(127頭)を開始したばかりだった。

★サンスポ予想王TVリアルタイム情報アプリ『umaima』
 記者やTMが現場でつかんだ“ここだけ情報”を次々と配信!