中央競馬:ニュース中央競馬

2013.9.14 16:35

【ローズS】ハイクラスな“乗り心地”ブロッサム

 緩ペースが濃厚なTRで求められるのはやはりハンドルの確かさ。“世代屈指の乗り心地の良さ”エバーブロッサムでOKだ。

 コンビを組む戸崎騎手も「この馬はとにかく乗りやすい」と手放しで褒めちぎるほど。09年ブロードストリート、11年ホエールキャプチャなど、近年の同レースは特に操縦が利きやすいタイプの好走が目立っており、“乗り心地の良さ”は決してバカにできない要素だ。

 適応能力もハイレベルで、求められる資質がまるで違う3戦(フラワーC→サンスポ賞フローラS→オークス)でいずれも2着。詰めが甘いと言われればそれまでだが、「3歳牝馬とは思えないほど賢くて温厚」(橋本助手)でなければできない芸当といっていい。

 夏を越してさらに進化を遂げており、「春はゆったりしすぎて“もう少し気持ちが入ってくれば”と内心思っていたが、追い切りでは前向きさが出て一歩一歩に力強さが出てきた。これならさらにレースぶりが良くなってくるはず」と、ジョッキーは最大級の評価を与える。“ハイクラスセダン牝馬”の快走が見物だ。(夕刊フジ)

★ローズSの出馬表はこちら

★鋭い分析でズバッと指摘!パドック診断
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」