中央競馬:ニュース中央競馬

2013.8.7 12:01

【関屋記念】ジャスタウェイ1馬身半先着

 エプソムCでクラレントのハナ差2着と惜しい星を落としたジャスタウェイが、昨春のアーリントンCに続く重賞2勝目を狙っている。

 栗東坂路で内シャドウバンガードを追いかける流れ。無理のない行き出しから、3F目に入ってペースを上げた。あっさりとシャドウをかわし去ると、最後までしっかりした脚取りでラスト1F12秒2。楽々、1馬身半先着した。

 「先週ビッシリやっているし、新潟までの輸送もあるからね。それにあまりテンションを上げたくないので、しまい重点にした。予定どおりの追い切りができた」と、須貝調教師は笑顔。

 昨秋から1800メートル~2200メートルの重賞を使われ、1800メートルの毎日王冠とエプソムCで2着。久しぶりのマイル戦となるが、唯一の重賞制覇がマイルのアーリントンCだけに期待は高まる。

 「新潟のマイルは新潟2歳Sで2着になっているし、合うと思っているよ。前走は馬体が10キロ増えていたが、あれくらいでちょうどいい。古馬になって心身ともにしっかりしてきた」とトレーナー。

 鞍上は栗東所属ながら関屋記念で現役最多タイ3勝の福永騎手(05年サイドワインダー、07年カンパニー、08年マルカシェンク)と、勝つための条件はそろった。(夕刊フジ)

★関屋記念の特別登録(想定騎手入り)はこちら

★「あの馬の関西遠征は…」など馬券につながる情報ばかり
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」