中央競馬:ニュース中央競馬

2013.6.15 14:37

【ユニコーンS】ベリートゥベリー末脚爆発

 確変モードに突入した雰囲気のベリートゥベリーが、連勝でタイトル奪取だ。

 まず目を引くのがコンディションの良さ。美浦の出走馬でただ1頭、木曜(13日)に追われると、坂路4F48秒2という素晴らしいタイムを叩き出した。

 もちろん、これがオーバーワークならお話にならないが、「(横山)ノリの手応えは全然余裕だった。前走後に疲れが出たけど、もうすっかり取れたってこと」と、鈴木伸調教師はキッパリ。中3週はこれまで【1・2・0・0】と、連対率100%。適ローテでピタリ、態勢が整ったということだろう。

 デキが絶好なら、能力のフォローもOKだ。稍重だった前走の東京ダート1600メートル1分36秒7は、時計自体が優秀。さらにここ4戦、立て続けにメンバー中最速の上がり3Fをマークしている末脚の安定感も抜群だ。

 「2走前は展開が全然向かなかったけど、それでも35秒台前半(35秒2)で上がってきているからね。こういう脚を使える3歳馬はそんなにいない。当日、稍重くらいの馬場なら自信はあるよ」。そんなトレーナーが見込んでいたとおりの脚抜きのいい馬場も期待できる週末。ベリーベリーな末脚爆発が見られそうだ。(夕刊フジ)

★ユニコーンSの出馬表はこちら

★現場&パドックから“激アツ情報”お届け!
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」

関連