京王閣競輪 日本選手権競輪 - サンスポZBAT!競輪



【京王閣ダービー日本選手権競輪】三谷がGI初優勝!

 競輪の第71回日本選手権(GI)最終日は7日、東京都の京王閣競輪場で決勝(2425m、6周)が行われ、三谷竜生(29)=奈良・101期=が3分34秒6(上がり11秒5)で勝ち、賞金6500万円を獲得して暮れのグランプリ出場権を手にした。29歳の三谷はデビュー6年目でGI初優勝。

 レースは後方から仕掛けた深谷知広(愛知)浅井康太(三重)の中部勢が残り1周半をすぎて先行。これに合わせて3、4コーナーで内をすくった三谷が最終周で3番手を確保し、最後の直線で外から鋭く伸びて差し切った。追走した桑原大志(山口)が浅井をかわして2着に入った。人気の平原康多(埼玉)は流れに乗れず6着に敗れた。

 払戻金は車連単が(2)-(8)で1万1490円、3連単は(2)-(8)-(9)で8万7810円だった。



【7日京王閣】ズバッと!本紙の見解&選手コメント

 関東の黄金タッグが本線で、平原が念願のダービー初V&GI3連覇を達成する。準決勝では2段駆けの中部勢を巧みな位置取りと冷静な判断力で攻略するなど、安定感は際立っている。

 先行するのは深谷-浅井の中部勢。平原はこの3番手を確保して、一気のスパートでまくり切る。番手の武田が迫る車連単〔1〕⇔〔5〕を勝負目に、好展開が見込める浅井と、差し脚鋭い園田へ〔1〕〔9〕、〔1〕〔3〕が押さえ。

〔1〕平原康多「準決勝は最低限の位置は取れたし感触は悪くない。自力で。GI3連覇? 何とも思ってないです」
〔2〕三谷竜生「先行で勝負して決勝に乗れているので調子自体はいいし、しっかり仕上がっていると思う。自力で」
〔3〕園田匠「最後まで踏み切れているし、コースがあれば(優勝を)狙える仕上がりだと思う。山田君に任せて」
〔4〕山田英明「初めてGIの決勝に乗れてうれしい。コンディションはいいと思う。いつも通り何でもやっていく」
〔5〕武田豊樹「今回は2日間ラインの先頭で走り、気持ちが脚にも伝わっていい感じに走れている。平原君の後ろ」
〔6〕守澤太志「GI決勝に初めて乗れたことは素直に喜びたい。脚の感じはいいので、位置決めず単騎で一発狙う」
〔7〕深谷知広「準決勝は思い描いたレースができたので、体の調整はうまくいった。(自力で)いい走りをしたい」
〔8〕桑原大志「記憶にないくらい必死だったけど、初めてGI決勝に乗れてうれしい。連係ある三谷君に任せたい」
〔9〕浅井康太「深谷君のおかげだけど、何とか修正できたと思うし調子は上がっている。また深谷君の番手を回る」





【7日京王閣11R】桑原大志、好位置をゲット

 山口の智将・桑原大志が単騎の不利をものともせず準決勝(第9R)を突破した。主導権を握った深谷の3番手をキープし、後ろからかわされることなく3着を確保。引き揚げてきた桑原は「新田-山崎の後ろも考えたけど、初手の位置取りをみて中部の後ろにしました」と経緯を説明し、大粒の汗をぬぐう。GIにおける自身初のファイナル進出に「準決にすら乗ったことがなかったのに。決勝に乗れてしまうなんて」。選手生活20年目にしてドリームチケットを手にして大喜びだ。決勝は売り出し中の三谷にマークできる構図となり、口元が緩みっぱなしだった。




【7日京王閣11R】園田の突っ込みに期待

 《ちゃりんこ探券隊》差し脚の鋭い園田匠を狙う。5日目第10R準決勝では前を任せた中川誠一郎が不発に終わったが、最終4角で内を突いて直線強襲し2着に入ってみせた。

 引き揚げてきた園田は「誠一郎さんが6番手を奪ってくれたのが大きいし、最後もスピードをもらえたので。コースがあけば届くと思っていたし、仕上がってますね」と自信を深めていた。

 最終日第11R決勝は、山田英明を目標に得た。平原康多-武田豊樹の関東勢をはじめ、深谷知広-浅井康太の中部勢や、三谷竜生ら別線も強力だが、山田にスピードをもらうことができれば、「最近はコースが見えるようになってきたし、決勝は思い切って突っ込みます」と気合を入れていた園田の2度目のGI制覇も十分だ。




【7日京王閣11R】山田英明GI初決勝に笑顔

 山田英明(佐賀)が後方からまくって2着に入り、準決勝(11R)をクリアした。番手まくりの吉田後位から平原が合わせて踏み上げる苦しい展開をしのぎ、GI18度目の挑戦でついに決勝切符を手にすると、「あきらめずに踏んでよかった」と笑顔が弾けた。「特別競輪で走るメンバーの動きを想定しながら練習しているんですよ」とシミュレーションを繰り返してきたことで、安定感が増した。きょう第11R決勝では、「何でもやりながらチャンスを作れるように頑張りたい」と縦横無尽に駆けてGI初制覇を狙う。




【7日京王閣11R】「信頼」~浅井康太

 「作戦は(別線に)斬らせて、斬らせて、その上を叩く…でした。前を取れたら新田君ともがき合う…というのも。それでも(深谷は)行けると思う…と言っていたし、その言葉を信じて位置を取りに行きました。深谷はすごかった。以前だったら踏み直すときに“ぎくしゃく”していたけど、それがない。モーターが付いているみたいにスムーズに踏み直していましたね。深谷が落ち着いていたので自分も落ち着いて走ることができました。持つべきものは中部の後輩ですね。桑原さんが後ろにいたのは見えていたし、(外帯線を)外さないだろうと。3番手に桑原さんがいてくれるので初日みたいな失敗はしないようにと。桑原さんとは何度か連係したこともあるし、ちょっとした信頼感もありましたから。(番手で何もすることがなく深谷を抜いて勝っただけなので)無職でした」




【7日京王閣9R】自転車を戻した稲垣裕之に期待

 《寿車券》稲垣裕之が連勝で締めくくる。初日特選は9着に敗れると、二次予選は前をかばって中途半端な仕掛けでまさかの4着。自力勝負となった5日目8Rは3番手確保からまくって白星を飾った。

 「前々に踏む姿勢があったからいい位置が取れましたね」とようやく笑顔が戻った。

 「自転車を西武園で使っていたものに戻しました。きのうまでの新車はまだ準備不足でした。うまく踏めれば威力は出ると思うけど、現状はきょうの車のほうが踏みやすいです」と話した。

 最終日9Rは川村晃司の前で自力勝負。動きのいいメンバーはそろったが、自力勝負でS級S班の意地を見せる。




【7日京王閣1~10R】選手コメント

【1R】
〔1〕和田=流れを見て自力
〔2〕菊地=坂本貴君に任す
〔3〕朝倉=岡田さんの後ろ
〔4〕小川=自力、自在戦で
〔5〕伏見=菊地君の後ろへ
〔6〕坂本健=同県の小川君
〔7〕坂本貴=自力で頑張る
〔8〕岡田=ここは和田君へ
〔9〕三宅=福岡勢の後ろへ

【2R】
〔1〕椎木尾=松岡さん任せ
〔2〕合志=北津留君を目標
〔3〕岡村=山中君に任せる
〔4〕松岡=自力で勝負する
〔5〕大槻=南関勢を追走で
〔6〕渡辺=近畿勢の後ろへ
〔7〕山中=流れを見て自力
〔8〕北津留=自力で頑張る
〔9〕三谷=椎木尾君の後ろ

【3R】
〔1〕近藤=同県の高橋さん
〔2〕河端=自力で勝負する
〔3〕西川=愛知勢の後ろへ
〔4〕高橋=自力で勝負する
〔5〕橋本=河端君に任せる
〔6〕筒井=自力で勝負する
〔7〕内藤=単騎戦で頑張る
〔8〕小橋=ここは筒井君へ
〔9〕高原=橋本君の後ろへ

【4R】
〔1〕稲毛=自力で勝負する
〔2〕新山=いつも通り先行
〔3〕林=西村君に任せます
〔4〕山口=中部の3番手で
〔5〕永沢=同県の新山君へ
〔6〕西村=流れを見て自力
〔7〕牛山=青森勢の後ろへ
〔8〕武田=位置決めず前々
〔9〕村上=稲毛君に任せる

【5R】
〔1〕根田=いつも通り自力
〔2〕池田=位置は決めずに
〔3〕脇本=先行で勝負する
〔4〕佐藤=根田君に任せる
〔5〕山内=近畿勢の後ろへ
〔6〕石丸=単騎戦で頑張る
〔7〕東口=脇本君を目標で
〔8〕伊藤=山内君の後ろへ
〔9〕浜田=南関勢を追走で

【6R】
〔1〕金子=中井君に任せる
〔2〕内藤=同県の松谷君へ
〔3〕和田圭=小松崎さんへ
〔4〕小松崎=自力で頑張る
〔5〕和田健=同県の近藤君
〔6〕武井=和田健君の後ろ
〔7〕松谷=自力、自在戦で
〔8〕中井=自力で勝負する
〔9〕近藤=流れを見て自力

【7R】
〔1〕杉森=池田君に任せる
〔2〕成清=千葉の3番手で
〔3〕小倉=同県の原田君へ
〔4〕海老根=自力で頑張る
〔5〕池田=自分が前で自力
〔6〕黒田=徳島の後ろから
〔7〕中村=同県の海老根君
〔8〕松岡=自力で勝負する
〔9〕原田=流れを見て自力

【8R】
〔1〕竹内=自力で勝負する
〔2〕神山=吉沢さんに任す
〔3〕佐藤=同県の渡辺君へ
〔4〕吉沢=自力で勝負する
〔5〕古性=流れを見て自力
〔6〕藤木=近畿の3番手で
〔7〕諸橋=関東の3番手で
〔8〕南=古性君に任せます
〔9〕渡辺=自力で勝負する

【9R】
〔1〕川村=稲垣君に任せる
〔2〕渡辺=石井君を目標で
〔3〕稲垣=自力で勝負する
〔4〕山崎=単騎戦で頑張る
〔5〕木暮=流れを見て自力
〔6〕阿竹=単騎戦で頑張る
〔7〕芦沢=木暮君に任せる
〔8〕山下=関東の3番手で
〔9〕石井=自力で勝負する

【10R】
〔1〕中川=同県の松岡君へ
〔2〕岩津=吉田さんに任す
〔3〕神山=新田君を目標で
〔4〕大塚=九州の4番手で
〔5〕新田=自力で勝負する
〔6〕山田=流れを見て自力
〔7〕松岡=前で頑張ります
〔8〕井上=中川君を追走で
〔9〕吉田=自力で勝負する




長沢彩が“ガルコレ”初制覇! 4日京王閣

 女子レーサーによる一発勝負『ガールズケイリンコレクション2017京王閣ステージ』がシリーズ3日目の第12Rで行われ、長沢彩(28)=愛知・106期=が梶田のまくりに乗って直線で抜け出し優勝を飾った。

 レースは、石井-小林-奥井-梶田-荒牧-長沢-児玉の並びで周回を重ねる。赤板から児玉が上昇すると、合わせて奥井も前へ出て打鐘から両者で叩き合う。2番手外併走の梶田が最終2角からまくり切り、梶田に続いた長沢が直線で抜け出す。荒牧が流れ込み2着に入り、3連単は6万円超の波乱となった。

 ◆長沢彩「ガルコレの常連ばかりだったけど、冷静に見ていければチャンスはあると思っていました。これからは全体的に底上げできるように練習して、優勝回数を増やして、グランプリに確実に出られるように頑張りたいと思います」




「京王閣 日本選手権競輪」はPC・スマホ・携帯からでも投票できる!

投票したいけど競輪場まで行くことができない・・・、忙しくて時間がない・・・、という人に朗報です。「日本選手権競輪」はPC・スマホ・携帯でも簡単、スムーズに投票することができます。

ネットバンクに口座をお持ちの方は、「競輪ネットバンクサービス」への会員登録をするだけで、すぐに投票ができます。
詳しくは下のボタンをご参照ください。


また、ネットバンクに口座をお持ちでない方も「Kドリームス」では、コンビニなどからチャージが可能な電子マネーで投票ができます。


(sponsored by 京王閣競輪)