ボート:ニュースボート

2022.2.18 21:45

【中国地区選手権】寺田祥が逃げて9度目GI制覇、2度目の中国チャンプ戴冠

2005年徳山大会以来、2度目の中国チャンプに輝いた寺田祥

2005年徳山大会以来、2度目の中国チャンプに輝いた寺田祥【拡大】

 下関ボートの「GI第65回中国地区選手権競走」は18日、第12Rで優勝戦が行われ、1号艇の寺田祥(43)=山口=がイン先マイで逃げ切り、自身9度目となるGI優勝(通算61V、SGは2V)を飾り、2005年徳山大会以来、2度目の中国チャンプに輝いた。2着は海野康志郎、3着は前本泰和で、3連単は1170円と本命サイドの決着となった。節間総売り上げは85億円超と、目標の80億円を大幅に超える大盛況で幕を閉じた。

 ◆寺田祥「スローの時の起こしだけが不安があったが、先に回れば負ける足ではなかったので、そこだけだった。足自体はグリップもあったし、よかったですよ。(当地4連続Vについては)あまり走っていないし“連続でどう”とか意識はなかったけど、地元の開催なんでね。“ファンの期待には応えないと”っていう意識はあった。昨年は勝たないといけないところで取り切れていないので、今年は今回の優勝を弾みにして次につなげていきたい」

×