ボート:ニュースボート

2021.11.30 04:57

【BBCトーナメント】鳴門の水面巧者

 『プレミアムGI第3回ボートレースバトルチャンピオントーナメント』は、12月4日よりボートレース鳴門で開催される。

 優先出場者(前年度覇者、今年のSG・プレミアムGI優勝者、ファン感謝3Daysボートレースバトルトーナメント優勝者)を除いて最高勝率(8・59、選考期間は1月1日~9月30日)での出場となる池田浩二は、鳴門で6優出3Vの実績。当地通算勝率7・52は今回出場選手で2位(1位は峰竜太の7・80)のハイアベレージだ。

 9月の当地68周年記念では予選トップ通過から準優を制してポールポジションを獲得すると、優勝戦ではコンマ01の快ショットから一気に押し切り、1月のからつ67周年に続く今年2度目のGI制覇を達成した。

 賞金ランキングは15位で、2019年以来12度目のグランプリ出場が決定。前走の多摩川SGチャレンジカップは準優敗退ながら9戦で7度舟券に貢献しており、リズムは悪くない。剛柔自在な攻めで通算14度目のGIタイトル奪取を狙う。

 チャレンジカップは予選敗退ながら、賞金ランク18位で2年連続のGP出場を決めた西山貴浩も鳴門巧者の一人だ。

 当地は4度の優出で3V。9月の68周年では準Vと、優勝戦ではオール連対をキープしている。昨年7月のSGオーシャンカップは準優4着で6強入りを逃したが、最終日の特別選抜A戦では4コースから豪快にまくり、3連単5万3290円という高配当の主役を演じるなど、7度舟券に絡む活躍を見せた。

 純地元の若松で開催された前回大会は、準々決勝戦で5着に敗れて涙をのんだ。得意の水面で躍動感たっぷりの走りを披露し、自身初のプレミアムGI戴冠を目指す。(佐野友記)

 =あすは好調の若手レーサー

×