ボート:ニュースボート

2021.11.26 04:55

【ニューヒーロー列伝】藤田俊祐

藤田俊祐

藤田俊祐【拡大】

 129期生が全国各地でデビューしている。今月7日の多摩川でプロへの道を歩み始めた東京支部のルーキー・藤田は、先の平和島でデビュー2節目を終えた。

 「勉強しかないですね。でも、平和島は多摩川よりも乗りやすかったです。道中は着順を守るのに必死でしたけど、1マークはいい所に出てこられるレースもあった」

 ここまで舟券絡みはなく4着が最高だが、13走して6着が5本は新人としては少ないほう。1周1マークで出てきた着順をキープするレースが多かった。

 養成所でのリーグ戦勝率は6.99とハイレベルで、養成所チャンプ決定戦では3着の実績がある。「養成所の成績は出たら関係ない。参考程度です」と本人は控えめだが、乗艇姿勢は新人としては安定している印象だ。

 ボートレースとオートレースが大好きな父親と祖父の勧めでこの世界に飛び込んだ。「中学生のころに江戸川へ連れて行ってもらって。迫力があり過ぎて、これはなるしかないと」。スタンドから生で観戦したボートレースに魅了された。学生時代は野球に打ち込んだが、千葉工業大1年のときに養成所の試験にチャレンジし、一発で合格を果たした。

 「B1級に上がって、できれば2、3年以内にA2級になりたい。そして、記念を走って活躍できる選手になりたい」と目標を明確に語った藤田。レースセンスは非凡なだけに、まずは水神祭を目指して一歩一歩前進していく構えだ。(渡辺寿輔)

=次回は12月10日に掲載

■藤田俊祐(ふじた・しゅんすけ) 2002(平成14)年3月4日生まれ、19歳。東京都出身、東京支部。今年9月に第129期生として選手登録。次走は12月10日開幕の戸田一般戦に出場予定。171センチ、55キロ、血液型A。

×