ボート:ニュースボート

2021.9.27 04:57

【ウェイキーカップ】多摩川周年2Vの菊地孝平

菊地孝平

菊地孝平【拡大】

 =ウェイキードリーム初日12Rに出走

 確実に“いい流れ”がきている菊地が、GI・2Vの実績のある水面でさらにペースを上げそうだ。

 前節の桐生65周年は準優当確だった武田光史のフライングにより繰り上がりで18強入りを果たし、準優は鋭いまくり差しで快勝。3号艇となった優勝戦は道中でさばいて2着に入り、しっかりと賞金を加算した。

 「めっちゃ運が良かったですね」と本人はツキを強調するが、転がり込んだチャンスを逃さなかったのは高い技術と精神力があったからこそだろう。「今節も無理せず、がっつかず、流れに身を任せながらやっていきますよ」とニヤリ。冷静に状況を判断しながら戦っていく構えだ。

 相棒となったのは上昇ムードの62号機。前検練習の手応えは悪くなく、「ペラをじっくりと自分の好きな形にたたいていく」と足の上積みにも意欲を見せる。

 当地では2009年9月の55周年と昨年2月の65周年でVと水面との相性は上々だ。3号艇で臨むウェイキードリームは、ボート界屈指のスタート力を存分に発揮して白星発進を狙う。(立山友基)