ボート:ニュースボート

2021.9.26 11:00

【ウェイキーカップ】シリーズ展望

 ボートレース多摩川の開設67周年記念『GIウェイキーカップ』が27日に開幕する。

 初日と2日目に行われるWドリームには、ファン投票によって選出された12人が出場する。

 7月の芦屋オーシャンカップで14年ぶりのSG制覇を果たした浜野谷憲吾が1位で初日ドリーム(12R)の、当大会の連覇を狙う毒島誠が2位で2日目ドリーム(12R)の1号艇に登場。両者がシリーズを引っ張る存在であることは間違いないが、2月に当地の関東地区選手権を制した桐生順平も間に割って入る。

 エンジンでは確固たるエース機は存在しないものの、2連対率トップの32号機は行き足を中心にパワフルな足に仕上がる傾向だ。近況好調という点では46号機と67号機に注目したい。