【ルーキーシリーズ】オーバーエージの中田達也が圧逃V

2021.9.14 17:31

 芦屋ボートの「ルーキーシリーズ第15戦 スカパー!・JLCカップ」は14日、第12Rで優勝戦が行われ、中田達也(28)=福岡=が逃げ快勝。通算6回目、今年&芦屋では初のVとなった。2着に2号艇の沢田尚也(滋賀)、3着には5号艇の新開航(福岡)が入り、3連単〔1〕〔2〕〔5〕は1280円(6番人気)だった。

       ◇

 地元のオーバーエージが勝機を逃さずモノにした。中田は予選2位から5日目の準優11Rを逃げ快勝して芦屋初優出。同1位の石丸が準優12Rで2着となり、巡ってきた1号艇でのファイナルをインから力強く押し切って人気に応えた。

 「事故が多いシリーズだったので、優勝戦だけは無事故で終わりたいと思っていた。本当はコンマ05くらいはいきたかったけど、少し用心しすぎましたね。出足は“黒二重丸”がつくくらいよくて、先に回れば大丈夫だと思っていました」

 3対3の枠なり進入からコンマ20と慎重な仕掛けになったが、無事故を願う選手班長の思いが波及したのか…。他5艇もほぼ横一線のスリット隊形となったことで超抜に仕上げた出足が最後はモノをいった。「班長は大変だったけどしっかりレースには集中していけたので、そこは成長できたかな」と“大役”を務めた上での勝利に胸を張った。

 「地元福岡の3場で優勝できたのはうれしいです」

 この優勝で若松、福岡に続き“地元完全制覇”。最高潮のリズムで徳山で今月21日に開幕するプレミアムGIヤングダービーに臨む。

 「毎年、今年こそはといっていますが、そろそろ結果を出したいです。記念の常連になれるように全国に名前を売りたいです」。今年3月の浜名湖67周年でGI初優出(3着)を果たすなど伸び盛りの28歳が、勢いそのままに若手No.1獲りに挑む。(小出大輔)

閉じる