【赤城雷神杯】48歳の誕生日を迎えた武田光史が祝砲を上げる

2021.9.13 04:57

「桐生ボート開設65周年 赤城雷神杯」

    ◇

 2日目4Rで3コースから鋭く間隙を突いた武田光史(福井)。6枠で挑んだ後半の9Rは4着に敗れたが、「伸びを中心に足は悪くない」とニンマリ。「ピット離れとターン回りに上積みが欲しい」とさらなる機力向上へ整備に汗を流した。

 48歳のバースデーで迎える3日目は3Rの1回乗り。5コースから的確なハンドルワークで、自らの誕生日に花を添える。

閉じる