ボート:ニュースボート

2021.2.23 04:57

【尼崎・ルーキーシリーズ】大会展望~村松がV候補筆頭

村松修二

村松修二【拡大】

 尼崎ボートのルーキーシリーズ第3戦「ゴジラS.P杯開催直前 スカパー!・JLC杯」は24日から来月1日まで開催される。ボートレース界の次世代を担う気鋭がセンタープールに集結。誰が勝っても尼崎初優勝となるハイスピードバトルの行方を占う。

 ◇

 メンバーただ一人のGI覇者であるオーバーエージの村松が、V候補筆頭。昨年2月の宮島・中国地区選でGI初Vを達成し、3月の平和島クラシックではSG初出場で予選突破と飛躍した。出走回数不足で現在はA2級だが、今期勝率は出場選手No.1の7・51。先月の徳山以来となる今年2Vへ、貫禄の走りでシリーズを引っ張る。

 相手筆頭は同じオーバーエージの高倉だ。先月の若松ルーキーシリーズ(以下RS)第1戦を制するなど村松に次ぐ今期勝率7・22マークと好調。先月末に当地を走ったばかり(優出5着)のアドバンテージも駆使して、今年2Vを狙う。

 注目度なら、昨年5月の江戸川で登録5000番台最速での自身初Vを飾った畑田だ。2節前のとこなめで早くも今年2Vと勢いは衰えない。トップルーキー宮之原も直前の多摩川・関東地区選で予選突破と、GIでも引けを取らない旋回力で主導権を争う。

 井上、竹田、妻鳥もオーバーエージとしての意地を見せたい。井上は直前節の芦屋で今年初V、竹田も2節前の芦屋で自身初Vと好ムード。A1復帰を目指す吉川、中村泰、吉田もV候補だ。近況好調な入海、木谷、中村魁も、畑田とともにA1初昇級ペースを刻む注目株だ。

 地元勢ではただ一人のA級として、速攻力に定評のある鈴谷に期待が集まる。

 2期連続A級堅持の高橋や今年からA級初昇級の山崎、“飛び級”でのA1初昇級圏につける沢田や、伸び盛りの中と前田もシリーズを盛り上げる。(小出大輔)