ボート:ニュースボート

2021.1.9 05:00

【9日児島6R】寺田千恵が地元水面でファンに貢献

寺田千恵

寺田千恵【拡大】

 岡山レディースの“大看板”が真冬の短期バトルを盛り上げる。寺田は今回が3Daysバトルへの初参戦。「システムもまだあんまり分かっていないけど、お祭りみたいなものだしね(笑)。まずは3着以内に入ればいいのよね?」と独自ルールを確認しつつ、いつも通りしっかり舟券でファンに貢献する構えだ。

 その短期決戦に加え、今回は新エンジンの初おろしシリーズ。「地元でも何も得はないですよ。水面とスタートくらい。それも新エンジン次第でしょうしね」と話すが、熟知した水面なら、調整面などで多少なりとも優位性は期待できる。

 「新ペラを叩いて乗って、特訓では一柳君だけが抜けてよさそうだった。でも他とはたいして変わらなかったかな」と手にした54号機は及第点が付きそう。

 「ここ2、3年は調子がよくないし、最初から飛ばしたいですね。その方が気持ちに余裕も出ますしね」

 2012年の第1回大会から昨年までただ一人、年末のクイーンズクライマックス皆勤賞の女傑が、まずは初戦のトーナメント6Rは4号艇で舟券に絡み、2021年を幸先よく滑り出す。(小出大輔)