ボート:ニュースボート

2021.1.8 05:00

【ニューヒーロー列伝】田嶋塁

田島塁

田島塁【拡大】

 昨年12月の江戸川サンケイスポーツ杯で、田嶋が待望の水神祭を達成した。

 「あの節はモーターが良くて、あとはスタートって感じだったんですよ。インでスタートを行けて、1マークは差されちゃったけど、2マークで差し返せてよかったです」

 2018年11月のデビュー以来、232走目。「長かった。やっと、って感じです」と、“難産”の白星をしみじみ振り返る。

 学生時代は白球を追いかけていた。「中学のときに一緒に野球をやっていたのが浦田(信義)さんの息子さん。それでボートレースを知った」。名門・市立船橋高校の野球部では内野手として活躍。「卒業後の進路を考えたときに、小さい身長を生かせる仕事はないか」と、3度目の受験で養成所に合格を果たした。

 しかし、プロの世界は厳しく、デビュー後は低空飛行が続く。

 「まだまだ勉強が足りないです。旋回もそうだし、ペラもいろいろ試行錯誤している。メンタルのほうも…。もっと練習をして自信をつけなきゃ」

 参戦中の平和島でも大きな着順が並ぶが、3日目のインとカド戦では見せ場は作っており、以前に比べて進歩の跡はうかがえる。

 「スタートは何とか決まっているので、今後は6着の数を減らして、1つでも上を目指したい。次の1着を早く取りたいです」

 通算2勝目へ。地道な努力で少しでもレベルアップを図る構えだ。 (渡辺寿輔) =次回は22日に掲載

 ■田嶋 塁(たじま・るい)1997(平成9)年6月23日生まれ、23歳。千葉県出身、東京支部。2018年9月に第123期生として選手登録。現在は平和島一般戦に出走中。158センチ、52キロ、血液型O。