ボート:ニュースボート

2020.11.17 17:19

児島『瀬戸の女王決定戦』宇野弥生が逃走V

 児島ボートの「GIIIオールレディース 第32回瀬戸の女王決定戦」は17日、第12Rで優勝戦が行われ、宇野弥生(34)=愛知=が逃げ切り勝ち。予選トップ通過からの王道で昨年5月の多摩川男女W優勝戦以来となる通算14回目の優勝を飾った。児島では12年12月の男女W優勝戦以来2回目、GIIIは4回目のV(12年7月に大村MB大賞でGIIを1回制覇)。2着は守屋美穂、3着は堀之内紀代子の地元岡山勢が入り、3連単〔1〕〔2〕〔4〕は650円の本命決着となった。

 前期に切ったFの30日休みを残していながら、優勝戦はインからコンマ07を決めたように“スリットプリンセス”らしい速攻レースを披露。今節6勝を挙げたことで通算1000勝まで残り“5”となり、節目の勝利が一気に近づいた。前期は勝率を稼げずに来年1月からA2に陥落するが、強豪男子を相手にGIIを制したこともある速攻娘が、これからも女子戦を盛り上げていく。