ボート:ニュースボート

2020.11.14 17:10

『GI福岡チャンピオンC』吉川元浩が福岡周年V2

「GI福岡チャンピオンC」を快勝した吉川元浩。2度目の大会制覇を成し遂げた

「GI福岡チャンピオンC」を快勝した吉川元浩。2度目の大会制覇を成し遂げた【拡大】

 ボートレース福岡の開設67周年記念『GI福岡チャンピオンカップ』(優勝賞金1000万円)は14日、第12Rで優勝戦が行われ、1号艇の吉川元浩(48)=兵庫=が逃げ快勝。一昨年の65周年以来、2度目の大会制覇を成し遂げた。GIは昨年12月の三国66周年記念以来、20度目のV。2着は吉川の弟子の高野哲史、3着には坪井康晴が入った。

 福岡巧者ぶりを遺憾なく発揮した。1号艇の吉川がインから完勝。一昨年の65周年、昨年のSGオールスターに続く当地3節連続優勝を決めた。

 「スタートもしっかりいいのがいけた。5日目におかしかったかかりも完全に直っていてよかったです」

 コンマ09のトップSでライバルを完封。加えて「後ろを見たら高野君がいたのでよかった」とまな弟子とのワンツーフィニッシュに相好を崩した。これで福岡はSG&GIともに2V。「相性がいい。いいエンジンが引けて調整が合いやすく、スタートもしやすい。3連発のチャンスですね」。連覇中のSGクラシックが来年3月に当地で開催される。大会3連覇への期待がふくらむばかりだ。

 「今年はいろいろあったのでその思いも含めて頑張りたい」。2月の尼崎・近畿地区選でレース中に事故死した同支部の兄貴分・松本勝也さんへの思いも背負い、グランプリ2Vへ進撃を続ける。 (小出大輔)